債務整理マニュアル!失敗しない事務所選び

MENU

債務整理にはどんな方法がある?

 

よく、借金をかかえて返済できないときに債務整理をするといった言葉を目にすることがあります。

 

債務整理には、三種類あります。

 

任意整理、自己破産、個人再生です。

 

任意整理とは、弁護士や司法書士などの法律に関する専門家が債権者と直接交渉を行い現在よりもより良い条件で支払いができるように交渉を行い、借金の負担を軽減するものです。

 

裁判所を通さずにできるので、今の生活に影響を与えるということがありません。

 

自己破産とは、現在の借金の免責をする方法で、裁判所で支払いが困難であると判断された場合、税金以外の支払いの免責を受けれます。

 

20万円以上の価値を持つ財産はすべて現金に換えて支払いをすることで債権者に配分されます。

 

特に自己破産で懸念されることとして家族にも影響があるかを気にする方がいますが、家族にはまったく影響は、ありません。

 

しかし、ローンを組むことが困難であるということは覚悟しなければなりません。

 

手放す財産とは、車や住宅などです。

 

個人再生は、裁判所を通じて再生計画書を作成した上で承認されれば債務が5分の1になります。

 

自己破産とは異なり資産を手放すことなく手続きをすることが可能になります。

 

家族には影響はありません。立場的には任意整理と自己破産の中立的な立場でとらえられています。

 

個人再生の場合は、3年以内には借金を解消していかなくてはなりません。

 

特別な事情がある場合は5年以内と認められています。債務整理には、以上のものがあります。

 

悩んでいる方は弁護士や司法書士などの専門家に相談してみると良いです。

 

債務整理の流れと弁護士事務所の選び方

 

皆さまが自己破産などで債務整理を行う際にはよほどの経験がない限りは弁護士に頼むことが一般的とされています。

 

ほとんど方が債務整理なんて一生のうちに一度あるかないかのことですので専門の弁護士に頼んだ方が経験もありますし、ことがスムーズに運ぶと思われます。

 

ではどの様な流れで弁護士が債務整理を進めて行くかと言うことをお話させていただきたいと思います。

 

まず依頼者は弁護士に現状の借り入れ状況や収入状況を正直に伝えて相談をします。

 

その後弁護士の方でどの様な方法で債務整理をするべきかの提案を致します。

 

そして依頼者がその説明に納得できれば弁護士から提案してもらった債務整理の方法を決定します。

 

次に依頼者は弁護士の指示によって必要な資料を準備します。

 

その後弁護士が債務処理の手続きを進めて行くことになります。

 

また最近では一番最初の面談の時に債務処理の方法を提案する所が多い様ですので、お客様としても安心できると思います。

失敗しない選び方

では債務処理をする際に失敗しない弁護士事務所を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか?

 

まず連絡をする前に分かることがあります。

 

それは最近では弁護士事務所でもホームページがありますので参照してみましょう。

 

例えば債務処理を専門に行っている所や取扱いの案件の中でも債務処理が一番に挙げられている事務所はそれだけ経験値が高いと言えるでしょう。

 

特に債務処理の解決実績を乗せている所はよりベストでしょう。

 

また基本的なことですが代表者や弁護士スタッフの顔写真を載せていたり、お客様の声を乗せている所、またよくある質問と回答が充実している事務所を選ぶと良いでしょう。